2011年12月29日

お試し「パンを焼く×書道」

「焼く」ことによって表現はどう変るかという
実験を友達数人とやってみたら、
ただのパン焼きパーティーになった話。       (演出文字:日置)

pan9.jpg
生地は、冷凍されていて
解凍して焼くだけのお手軽なパン焼き。

生地って、やわらかくってきもちいい〜
あんまり触っちゃだめなんだけど、つんつんしたい。

pan2.jpg
パイシートは、友達のお母さん手づくりの柚子ジャムをのせました。

pan8.jpg
サックサクでおいしい〜

pan6.jpg
アップルパイと、クリームチーズパイとマロンパイは
卵を塗って焼くだけ。
焼けている過程を見るのもテンション上がる!

pan4.jpg
アップルパイは、とろ〜り加減もいい。

ただの女子会と化してはしゃいでいたので
ほとんど写真を撮っていないのですが、
他にもクロワッサンを焼きました。
クロワッサンは、発酵させるので膨らむ楽しさ有り。
実はオーブンが無く、トースターで焼いたり
発酵のさせ方もホットカーペットの上に置いたり
マニュアル通りではなく、かなり臨機応変にやりました。

どうにかなる。

pan3.jpg
一応。みんなにも書いてもらいました。

今回使用した冷凍生地は、おうちパン工房
ネット通販です。http://www.ouchipankoubou.com/
職人的に黙々とパンを焼きたい人は粉から、
みんなでわいわい焼くなら冷生地はかなりおススメです。
posted by hioki at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。