2010年02月08日

おいしい書道「肉まん」

今回のおいしい書道は、感覚を鍛えて表現力をつけようと
ゲームしながら実験してみました。

niku8.jpg

一列にならんで、、、

niku1.jpg

指で背中に書きます。

背中で「かたち」「筆圧」「早さ」「大きさ」を感じ取って
それをそのまま次の人に伝えます。

最後の人はそれを半紙に筆で書きます。

さて、ちゃんと伝わったでしょうか?

niku11.jpg

右下のものが左下のものに変わってしまいました。。。

でもよく見てください。
伝えようとする線は、強弱や動きがしっかりして
受取った線は、邪念がないように感じます。

niku10.jpg

次は、「強い」「弱々しい」「やわらかい」「いがいがな」
というようなことが書いてある紙をひいて、
ひとりずつその表現にあった丸を書いていきます。

なんだかよくわからないものができあがりました。。。

でも、「線」を考えて「場所」を考えて「大きさ」を考えて
書くことができました。

niku7.jpg

その丸の中に「肉まん」、、らくがきしてみました。

じゃあ、またみんなで順番に書こう!

で、できあがったのがコチラ↓
niku5.jpg

豚の鼻のつもりで書いた黒丸が
目に見えたり、
パックマンを書いたつもりの絵が
電話に見えたり、

「肉のオバケにとりつかれたクマが電話している」

、、、、遊び過ぎました。

niku22.jpg
最初の方は、いつもの基礎練習もしましたよ。

墨が乾く前のツヤ、そのままとっておきたい!

niku4.jpg

肉まんが口の中からなくならない前に、
この感じを書き留めておきたいと、
左手に肉まんを持ったままなので
隣の人も巻き込みます。

niku33.jpg

それぞれ感じたままの肉まんが
おいしそうに蒸し上がりました。

ウラハラ☆藝大の事務局ブログに載っています。
こちらもご覧ください。←クリック

(撮影:瀬尾泰章教授)
posted by hioki at 12:56| Comment(0) | 「おいしい書道」クラス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。